西プラネット:お知らせ:経営委員会事業 業界視察 〜北陸地方の企業取組みに学ぶ〜 開催のご案内:一般社団法人西日本プラスチック製品工業協会

お知らせ

経営委員会事業 業界視察 〜北陸地方の企業取組みに学ぶ〜 開催のご案内

 平素は当協会の運営に関しまして格別のご支援ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、経営委員会事業と致しまして業界視察を実施させていただく事となりました。
 つきましては、是非視察にご参加頂き、自社発展の一助として頂きますようご案内申し上げます。

◆視察先
ヽ式会社ソディック 加賀事業所 (石川県加賀市宮町カ1-1)
 近年次世代のモノづくりを見据えた戦略製品の開発を積極的に行っている螢愁妊ック。これまでに培った「Vライン射出成形機」は精密成形に於いて、あらゆる分野での実績を重ねており、これらの技術をベースに「アルミ造形革命」として、ダイカスト工法から射出成形への工法転換を提案する「ALM450」、「プラスチック成形革命」として、精密金属3Dプリンタ「OPM350L」で造形した金型を専用射出成形機で樹脂成形までを一貫して行う「MR30」などの製品を開発。
 加賀事業所はこれらのソディック戦略製品の開発拠点で、事業所見学においては次世代モノづくりを予感させるソディックの製品群を視察していただきます。

株式会社エフピコ 金沢選別センター (石川県金沢市福増町北204-22)
 国内で初めて色や柄を付加したカラーの食品トレーを開発。環境対策にもいち早く取り組んでおり、「トレーtoトレー」と呼ばれるエフピコ方式のリサイクルシステムを構築している。同社は障がい者雇用にも積極的に取り組んでおり、グループ全体で14.56%と国内トップクラスの障がい者雇用率(2016年3月末時点)となっている。金沢選別センターで働いている労働者も障がい者が中心で、視察では実際に選別ラインで障がい者が勤務する様子や、ご担当者様よりトレーや透明容器、PETボトルのリサイクル及び障がい者雇用等について説明を行って頂きます。

◆出発日:平成29年2月23日(木)〜2月24日(金)

◆費 用:おひとり様 49,000円(税込)

◆申込期日:平成29年1月31日(火)

◆最少催行人数:8人 ※応募者数が最少催行人数に満たない場合は催行中止とさせて頂
きます。

◆協会事務局担当者:(一社)西日本プラスチック製品工業協会 事務局 山下
TEL:06-6214-8300 FAX:06-6214-8301 e-mail: kyokai@nishipla.or.jp                   
参加申込書及びお申込に当たっての注意事項等は以下よりダウンロードをお願い致します。

経営委員会事業 業界視察 参加申込書